血管が若返り、肌をきれいにする。すっぽんサプリメントのランキングを大公開します。

もっとも身近な病気、風邪の予防にビタミンは非常に大切です。流行性感染のインフルエンザと生体の警告反応である、ただの風邪があります。後者は寒さ、不眠、疲労等が蓄積されて起きてくるものですので、しっかりと寝て休んで十分に栄養を与えれば治るのですが、インフルエンザはウィルスの感染で症状がひどい場合もありますので、軽く考えてはいけません。たちの悪いインフルエンザと肺炎を起こしたりひどい場合は死亡することもありますので、注意が必要です。

 

抗生物質の副作用

薬で治せば良いという人もいるかもしれません。でも、思いとどまって欲しいのです。抗生物質を飲んだ際に起こりうる副作用としては、以下のものが比較的よくみられます。できるだけ自然の食材を摂って治しましょう。

 

下痢もしくは便秘

抗生物質によって腸の中の善玉菌も殺菌され、腸内細菌が乱れるので便通異常を起こすことがあります。下痢になる人が多いですが、中には逆に便秘する人もいます。整腸剤をいっしょに服用すると、これらの副作用は予防できます。

 

頭痛もしくはめまい

とくにニキビによく使われるミノサイクリンという薬剤は、めまいを起こすことがしばしばあります。めまいが続くようであれば、薬剤を変更する必要があります。

 

日光過敏症

抗生物質を飲んで日に当たると日光じんましんなどの発疹が出ることがあります。この場合は、服用を夜だけにしても防ぐことはできないので、薬剤を変更します。

 

肝障害

薬剤性肝炎というものを起こすことがあります。ただしこれは抗生物質に限ったことではなく、痛み止めや風邪薬も含め、薬のうちのかなりのものが、肝臓に影響することがあるのです。そのため抗生物質を長期に服用する必要があるときは、肝機能の検査をときどきおこないながら服用します。もし肝障害を起こしても、早めに発見できれば抗生物質をやめるだけで治ることが多いです。ただし発見が遅れると、入院になることもあります。

 

薬疹

抗生物質にアレルギーを起こすと、じんましんやはしかのような細かい発疹など現れることがあります。この場合はすみやかに中止して、それでもひかなければアレルギーの治療をします。これも、ほとんどすべての薬剤で起こりうる副作用です。

 

すっぽんのビタミンが効きます

特にB1とCは一番必要です。ひいてから直すよりも未然に治すことが一番大切です。常日頃から摂取しましょう。これを怠っている人が抵抗力が弱くなり体質のようになってしまっています。毎年数回は風邪をひいていたひとがスッポンを愛飲するようになってかはらは全く症状が出なくなったりします。

 

すっぽんサプリメントのランキングを作成しましたのでご覧になってください