すっぽんは最高の血剤です。

血液がよごれていることを東洋では血毒があるといいます。西洋医学的に翻訳すると栄養成分に隔たりがあるとか、免疫抗体、血液凝固分子、ホルモンなどに異常がみられるといったところでしょうか。こうした血液の異常に対して西洋医学では血液を構成しているそれぞれの異常に対してなんらかの処置を施します。例えば血液が不足していれば、赤血球の構成材料のひとつである鉄剤を投与して赤血球を作ることを期待します。

 

体の機能を整える食材が必要

東洋医学においては、これらの材料を供給することはもちろん大切なのですが、それ以上に材料をもとにして赤血球をつくる働きを正常にして活発にするということです。食べ物にはたんぱく質やビタミンといった体に必要な材料としての機能だけでなく、体の働きを正常化させる機能も東洋医学では重要視しているのです。こうしたものを食効といいます。薬でいうなれば薬効です。例えば、緑茶などを飲むと尿がたくさん出てきます。これは単純に水分をとったことに加えて、お茶には利尿作用というものがあるからです。このような食効に注目して薬草などを薬として仕立てたのが漢方薬です。これら食効の中で健康な血液をつくる天然食材を血剤といいます。すっぽんは血剤の中でも代表的かつもっとも効果の高いものとされています。

 

すっぽんは浄血機能である肝臓・腎臓・心臓を強化する

欠剤にはさまざまなものがあります。薬草が用いられることが多いのですが、効果のスピードとしては植物よりも動物のほうが優れているようです。その代表格がすっぽんで、早いスピードで豊かな浄血作用を持ちます。それはなぜかというと、血液をきれいにするために必要な作用を非常に多くもっているのです。

 

心臓の強化

心臓はご存知のように血液をくまなく送り込むポンプの役割をもち、これが低下すると、血液の流れが悪くなり新陳代謝が低下します。この働きが悪いとほかの臓器が活躍しても血流はよくなりません。すっぽんには心臓の働きを強める効果があります。

 

肝臓の強化

肝臓は解毒作用をもっており、特にアルコールから生じる毒素をなくす働きをしてくれます。過剰に酷使しすぎてこの働きを悪くすると、肝硬変などになってしまいます。これを防ぐために肝臓のはたらきもよくしてくれます。

 

腎臓の強化

腎臓は血液をろ過して、老廃物を尿として輩出するのに欠かせないとても重要な臓器です。すっぽんは腎臓にもはたらきかけて血液をきれいにしてくれます。

 

すっぽんサプリメントのランキングはこちら