糖尿病にはすっぽんが効くのです。

食生活が豊かになり運動不足が起きがちな現在、若い人にも糖尿病のリスクが高まっています。文字通り、糖が尿の中にもれてしまう病気です。血中のブドウ糖を調整しながら各組織に送り込んで生命活動のエネルギーとする働きをもつインスリンというホルモンが関係していて、これが不足していたり働きが良くないと、結果として糖はエネルギーに変換されることなく血液中にとどまり血糖値が高くなってしまいます。さらに体の中に吸収されない糖が腎臓か漏れて尿の中に混じりこんでいき、体外に排出されてしまうことになります。尿の量も増えます。

 

インスリンが不足する原因

 

脾臓の細胞が破壊されて作れない状態になる

この場合はインスリンを補給しなければ血糖がどんどん高くなっていき生命の危機に瀕します。主に子供が発病するパターンです。

 

インスリンの作用がさまたげられる場合

これが生活習慣病が由来する方です。肥満になるとインスリンの働きが低下します。余分な炭水化物や糖は脂肪となり脂肪細胞に蓄えられますが、一杯詰め込まれた大きな脂肪細胞では十分なインスリンの動きが出来なくなるのです。

 

糖尿病の怖さ

症状としては次のようなことが挙げられます。

 

身体がだるくなります。

普通の生活をしていてもダルク目覚めたときもだるくてたまりません。これはインスリンの作用が悪いため糖代謝だけでなく脂肪やたんぱく質の代謝も悪くなっているからです。

 

喉が非常にかわくようになります

血糖値が高くなると浸透圧の関係で全身の細胞から水分が失われていき細胞が脱水状態になるからです。喉が渇いてジュースなどをがぶ飲みする人がいますが、砂糖が大量にふくまれているので更に症状を悪化させます。

 

進行すると体重が減ります。

脱水で減ることもありますし、糖が燃えてくれない代わりに脂肪が使われることが原因です。糖尿によるやせ型は標準体重以下になっても減少が止まらないのが特徴です。たくさん食事するようになり、特に甘いものを好むようになります。

 

合併症を起こすと怖い

例えば以下のような症状が起きます。

  • 網膜症になり視力が落ちていき失明に至ることもあります。
  • 神経障害が起きて手足に激しい痛みが走ったり痺れたりします。
  • 精力が減退してインポテンツの原因となります。
  • 尿にタンパク質が漏れるようになります。

 

すっぽんが効く

こうした症状をやわらげるのに運動療法、規則正しい生活、薬物療法等ありますが、食事の面でも改善できます。良質のたんぱく質をとるのです。糖尿病になるとアミノ酸が不足します。糖質が燃えてくれないのでアミノ酸が消費されたり、腎症でタンパクが尿に出てしまったりします。そしてこの病気の制限ですが食事の量や質が決められていますのでやたらめったら肉や魚を摂るわけにはいきません。アミノ酸がバランスよく含まれていて、なおかつ糖分の少ない食品を選ぶ必要があります。そいった点ですっぽんは非常に優れた食品です。必須アミノ酸がたっぷりと含まれていて、各種ビタミンも豊富です。糖尿病で苦しんでいる方ですっぽんを愛用することで症状がすっかりよくなったという例は非常に多いです。

 

欠かせないミネラル

実はミネラルも大きく関与しています。すっぽんに含まれるミネラルをみてみましょう。

 

  • カルシウム
  • リン
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • マンガン
  • 亜鉛
  • アルミニウム

 

このように何種もの成分がたっぷりとふくまれています。すっぽんは高級食材ですし、調理に手間がかかりますので、毎日食事でとるのは難しいのですが最近はサプリメントが充実してきました。こちらにランキングを用意しましたのでご覧になってください。

 

すっぽんサプリメントランキング