アンチエイジングにはスッポンが一番です

紫外線が皮膚に有害であるといっても、人間は、太陽のもとで生きていく宿命を負っています。そのため、紫外線から身を守る機能が人間にはもともと備わっています。角質層もそのひとつです。うつぶせで日光浴をしても、足の裏は火ぶくれにはなりません。これは厚い角質が紫外線を吸収しているからです。逆にいうと、乾燥などで角質のバリア機能が壊れていると肌がたるんだり、くすんだり、シミができやすくなるわけです。皮膚の中にはウロカニン酸やグルタテオンなどと呼ばれる物質があり、これも紫外線や老化による活性酸素の増加を防いでくれます。しかし、これらは年齢とともに減っていきます。そのため、食べ物などから抗酸化物質を補うことが必要です。

 

抗酸化物質を含む食べ物を摂って紫外線と老化を予防する

最近は、植物中の抗酸化物質が次々見出されています。ビタミンA、C、Eは、ビタミンの中でもとくに抗酸化力の高いものですし、またポリフェノール(カテキン、フラボノイド、リグナン、イソフラボンなど)もすべて抗酸化物質です。これらを効率よく食事にとり入れることが、紫外線だけでなく、老化を防ぐことになるのです。

 

主な抗酸化物質と、それを多く含む食品

 

ビタミンA

緑黄色野菜

 

ビタミンC

緑黄色野菜、淡色野菜

 

ビタミンE

玄米、胚芽米、黒パン、植物油(大豆油、ごま油、オリーブオイル)、大豆、落花生

 

コラーゲン

ゼリー、豚骨等

 

アミノ酸

肉類、魚介類、大豆、

 

いろいろと挙げてきましたが、他のページでもご紹介したとおり、これらの栄養素を高純度で含んでいるアンチエイジング料理はなんといってもスッポンです。お勧めのサプリメントを紹介しています